実は消費者金融業者ではなく銀行のカードローン!

レイクは一見、消費者金融のように見えますが、実は銀行法の対象となっている新生銀行のカードローンなのです。

 

総量規制が始まる時に、レイクはノンバンクの消費者金融のままだと、年収の3分の1までしか融資ができない制限を受けてしまうため、直前になって総量規制の対象外となる新生銀行のカードローンを扱うように土壇場で変更した経緯があります。

 

 

そのため、レイクの扱いは、基本的には消費者金融ではなく、銀行法の影響を受けます。

 

消費者金融としての『レイク』の時代があまりにも有名なため、現在でもレイクのことを消費者金融と勘違いしている人が非常に多いです。

 

しかし、現在のレイクはすでに消費者金融ではありませんので、総量規制の影響を受けることなく、柔軟に貸し付けを行ってくれます。

 

また、レイクは総量規制の影響も受けない上、銀行のカードローンほどハードルが高くないのも良い所です。

 

やはり銀行のカードローンの方が、審査は圧倒的に厳しく、レイクよりも否決される人は多いと思います。

 

徐々に銀行のカードローンに挑戦してみたいと思う人は、まずはレイクで腕試しをしてみて、もしも可決されたら、少しハードルが高そうな銀行のカードローンに挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

最初から銀行のカードローンに挑戦するのは勇気が要ると言う人に、レイクは丁度良い難しさかもしれません。

 

消費者金融で借りることに抵抗があるけど、まだまだ銀行にチャレンジするにはちょっと気が引けるという人にお勧めです。

 

手数料無料で使えるATMが多く外出先で便利!

そして、レイクの良い所は、手数料無料でATMが利用できるところです!

 

キャッシングやカードローンでは、ATMの利用が需要が非常に高く、大事な部分になってきます。

 

 

ATM手数料がかかってしまうと、長く使用しているうちに、お金がもったいなくなってしまいます。

 

レイクであれば、手数料がかからないので、その点は非常に大きなメリットになります。

 

ATMの手数料がかからないということは、それだけ外出先でお金が急に必要になった時でも、気軽にお金を借り入れすることが出来て便利です。

 

旅先や外出先でお金が必要になることは多いので、やはり外出先でも手数料無料で利用できるレイクは非常に安心感があります。

 

ATM手数料がかかるキャッシングやカードローンの場合は、手数料が引かれることによって、希望している金額が引き落とせないケースもあります。

 

そうした無駄な心配をしないでも住むレイクは、非常に借り手にとって優しいカードローンです。

 

また、常にレイクでは、利用限度額の増額UPをその場ですぐに確認できるようになっていますので、契約してから「やっぱりもうちょっと増額してほしいな」と思った場合には、簡単にチェックできて便利です。

 

最初の契約時に、利用枠が少ないとしても、ちゃんと真面目に返済をしていれば、限度額がどんどん上がっていく可能性がありますので、まずは契約をして、返済の実績を積みましょう。

 

最初は少なくても、50万円くらいであれば、1年くらいですぐに上がる可能性もあります。

 

 

 

関連ページ

アコム
アコムの借り入れの魅力とは?
アイフル
アイフルの魅力って何?
プロミス
プロミスで借りるメリットは何?
楽天銀行
楽天銀行の口コミは本当か?
みずほ銀行
みずほ銀行のカードローンの賢い利用の仕方とは?
イオン銀行
イオン銀行の借り入れは簡単?
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行は金利が安いって本当?!