即日の借り入れで定評があるのはアコム

「今日中に借りたい!」と思った時には、スピード審査をしてくれる消費者金融や銀行でないと、間に合いません!

 

現在は、どこの消費者金融も銀行も、出来るだけ早く対応してくれますが、中でも最短30分で回答をしてくれるアコムは、即日キャッシングやカードローンで定評があります!

 

大手の消費者金融ということで安心感もありますが、アコムは『お急ぎのお客様』向けの案内をHPで紹介しています。

 

どうしても早くお金を借りたいと思った人は、消費者金融であれば、まずはアコムをチェックしてみることをおススメします!

 

金利や借り入れ限度額の高さで言えば、正直、銀行やもっと便利な消費者金融もあるのですが、『今日中に借りたい!』という場合に限っては、アコムがおススメです。

 

ただし、お急ぎ対応が良いアコムであっても、新規の申し込みが夕方の場合はNG!

 

基本的に、消費者金融や銀行に即日振り込みをしてもらうためには、最低でも新規契約を13時〜14時までに完結させる必要があります。

 

そのため、銀行が業務を終えている15時以降の申し込みは即日振込に間に合いません

 

新規契約の場合は、どの消費者金融や銀行を利用しても、余裕をもって申し込みを行うようにしましょう!

 

即日希望なら午前中には申し込みをしておきたい!

では、実際に申し込みをするのであれば、大体どのくらいの時間に申し込みをすれば良いのか?

 

最近増えているWEB申し込みの場合は、基本的に、午前中の早い時間帯に申し込みをするのがおススメです。

 

 

多くの場合、新規の申し込みをWEBからすると、大体1、2時間以内に消費者金融や銀行から借り審査の連絡が入ります。

 

ただし、繁忙期の場合は、応募者が多くて連絡が遅れるケースもあります。

 

そのため、WEB申し込みは便利な反面、審査の経過がどうなっているのか、わからないので、焦っている人にとってはイライラすることもあります。

 

もしも早く結果が知りたいのであれば、即日借り入れの場合は、電話や対面やむじん契約機で申し込みを進めるほうがおススメです。

 

大体の場合、午前中の早い時間帯に申し込みをすれば、ほとんど即日借り入れが可能ですので安心です。

 

万が一、お昼の12時を過ぎても連絡が来ない場合は、即日借り入れのタイムリミットが迫ってきてしまいますので、自分から一度電話などで確認をすることをおススメします。

 

また、仮審査で否決をされた場合、メールで結果が送信されることもあり、迷惑メールの中に紛れてしまっていることもありますので、時間がある時に念のためチェックするようにしましょう。

 

ATM手数料も契約後にじわじわと効いてくる

そして、一度消費者金融や銀行で借り入れをしてしまうと、意外に気になるようになってくるのが、ATM手数料の有無です。

 

実は消費者金融や銀行によっては、ATMの手数料を取るところと取らないところがあります。

 

また、手数料無料で利用できるATMの台数が少ないと、使いにくく、結局は手数料をかけて近場のATMから利用することになってしまいます。

 

そのため、キャッシングやカードローンを利用する場合は、ATMの手数料や、手数料が無料で利用できるATMの台数などを、事前にちゃんとチェックしておくことをおススメします。

 

そういう意味では、手数料が無料のATMを沢山もっている消費者金融や銀行は、非常にメリットが大きいです!

 

特にATMを使った引き出しや返済を考えている人にとっては、大事な問題です。

 

ATMの手数料は、何度も何度もATMを使う人にとっては、バカにならない費用になってしまいますので、出来るだけ無料の方が良いです。

 

ATMの手数料で、現在すでに苦労している人は、一度借入先を見直してみることをおススメします。

 

長期で使用していると、借入先を変更する人は、意外に多いものです。

 

 

口座振替の指定でWEB完結できるケースが主流

また、現在はWEB完結で契約が出来るケースが多くなってきました。

 

そして、WEB完結の契約の条件として、よく見られるのが『口座振替』返済で金融機関を指定することです。

 

消費者金融や銀行が指定する金融機関に口座を持っている人にとっては、非常に便利な制度です。

 

 

WEB完結は、対面の必要がなく、PCやスマホのアプリだけで身分証明の確認もするので、新規の申し込みをする人にとっては、非常に使い勝手が良いです。

 

余計な書類などを送らないで、すぐに契約が進むので、手軽な契約を重視している人だったら、WEB完結の消費者金融や銀行を選ぶこともおススメです。

 

ただし、WEB完結になってしまうと、返済方法が口座振替になってしまうケースが多いので、口座振替以外の返済方法を希望している人にとっては、少しネックになってしまいます。

 

どの申し込み方法でも、結局は返済のことをちゃんと考えておかないと、契約した後に返済が大変になってしまいます。

 

契約する前は早く可決することしか考えていないかもしれませんが、やはり長期的な返済を考えれば、自分にとって返済しやすい方法を選ぶと言うのも大事になってきます。

 

返済が遅れてしまうと、信用情報にも大きく影響しますので、気を付けましょう。

更新履歴